私の愛車 日産の中古自動車について

日産には二つの過給機を搭載した車種があります。80年代の車であるため中古車でしか手に入れることが出来ません。

TOPICS

日産が80年代にリリースした珍しい車種の中古車

以前の車には馬力を上げるために過給機が積極的に搭載されていました。
最近は燃費の悪化などを考慮して採用車種が少なくなっています。
過給機には大きく分けてスーパーチャージャーとターボがあります。
ターボは排気ガスの圧力を利用するため、高回転で馬力を出しよりハイパワーを搾り出すことが可能です。

一方のスーパーチャージャーはエンジンの力をそのまま利用するため低回転域からパワーが出ます。
ターボと違い、どちらかというと排気量を上げたような感じです。

しかし、こちらの場合絶対的なパワーという点ではターボに劣ります。
どちらが良いのかと言うのは一概には言えません。楽しさを求める人はターボが合っていますし、乗りやすさを求める人はスーパーチャージャーが良いと思います。

どちらも搭載したら良いのではないのかと言う意見もあると思いますが、それは難しいのです。

なぜなら、スーパーチャージャーからターボに切り替わる時に変な挙動を示すからです。

切り替わりの間にパワーが突然下がったり、振動があったりと症状は様々です。

しかし、日産はそれを実現しました。
80年代に発売された車ですが、実際にエンジンルームを除くと二つの過給機が鎮座しています。
この光景は非常に珍しいです。

モデルチェンジを経て現在も販売されています。
恐らくその名前は誰もが一度は耳にしたことがあると思います。
残念ながら最近のモデルにはどちらも搭載されていません。80年代の車ということもあり、当然ですが中古車でしか手に入りません。コンパクトカーであるため維持も楽なので、中古車を探してみてはいかがでしょうか。